/

ロンドン株10時 下落 資源株に売り オミクロン型を警戒

【NQNロンドン】20日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は下落している。英国時間10時時点では、前週末の終値に比べ117.37ポイント(1.61%)安の7152.55で推移している。構成銘柄の9割超が下落している。

欧米で新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染が拡大しており、行動制限が強化されれば景気に悪影響を及ぼすとの見方から売りが広がっている。商品相場の下落を背景とした資源株の売りを中心に、幅広い銘柄が下落している。

個別では、情報・出版のインフォーマが約5%の下落と目立つ。鉱業のアントファガスタとブックメーカー(賭け屋)のフラッター・エンターテインメントもそれぞれ大幅安。郵便大手のロイヤル・メールは買われている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン