/

日経平均大引け 大幅に3日続落 639円安の2万9544円

29日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に3日続落した。終値は前日比639円67銭(2.12%)安の2万9544円29銭で、4営業日ぶりに3万円を下回った。下げ幅は一時850円を超えた。足元の米長期金利上昇への警戒感から、半導体関連など相対的な割高感のある高PER(株価収益率)のグロース(成長)株の下落が目立った。午後の取引時間中に自民党総裁選の1回目の開票結果が判明し、岸田文雄氏と河野太郎氏による決選投票が実施されることが決まった。1回目の開票結果判明後、日経平均は下げ幅を拡大し、きょうの取引時間中の安値を付ける場面があった。

きょうは9月末の配当権利落ち日で配当落ち分の181円程度、日経平均の指数は下押しされた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン