/

米国株、ダウ反落 景気敏感株に利益確定売り

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前週末比126ドル15セント安の3万4630ドル24セント(速報値)で終えた。米経済活動の正常化への期待から買いが先行したが、次第に景気敏感株の一角が利益確定目的の売りに押されて相場の重荷となった。

米国では新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、新規の感染者数の減少傾向が続いている。各州が行動制限を緩和する動きも広がり、7日はクルーズ船のカーニバルが7月上旬から米国で運航を再開すると発表した。航空機需要の回復への期待からボーイングが買われ、クレジットカードのビザなど消費関連株も上昇した。ダウ平均は朝方に5月7日に付けた過去最高値(3万4777ドル)を上回る場面があった。

その後は建機のキャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)など景気敏感株の一角が売りに押され、相場の重荷となった。金融政策を占ううえで、10日発表の5月の消費者物価指数(CPI)を見極めたいとのムードもあった。

一方、ナスダック総合株価指数は続伸し、前週末比67.232ポイント高の1万3881.721(速報値)で終えた。エーザイと共同開発するアルツハイマー認知症治療薬候補について米当局が承認申請を認めると発表したバイオ製薬のバイオジェンが4割近く上げた。主力ハイテク株はまちまちだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン