/

米国株、ダウ反発 FRBのインフレ抑制の姿勢好感

【NQNニューヨーク=川上純平】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反発し、前日比303ドル70セント高の3万0668ドル53セント(速報値)で終えた。米連邦準備理事会(FRB)は15日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場の想定通り通常の3倍にあたる0.75%の利上げを決めた。大幅な利上げがインフレ抑制につながるとの見方から買いが入った。

市場は今週に入って0.75%利上げの観測が急速に広がっていた。ナショナル・セキュリティーズのアート・ホーガン氏は「利上げ幅が0.5%ならインフレ加速を止められない懸念があったが、0.75%となったことでインフレ抑制の期待につながった」と指摘した。ダウ平均は前日までの5日間で2800ドルあまり下げていた。FOMC通過で材料が出尽くしたとみた買いが相場を押し上げた面も大きい。

このところ下げが目立っていたハイテク株や消費関連株の上昇が目立った。ソフトウエアのマイクロソフトや顧客情報管理のセールスフォース、スマートフォンのアップルが高い。スポーツ用品のナイキや映画・娯楽のウォルト・ディズニーも買われた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸し、前日比270.810ポイント高の1万1099.155で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン