/

米国株、ダウ反落 利益確定の売り優勢 ナスダックも反落

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比42ドル45セント安の3万0273ドル87セント(速報値)で終えた。前日までの2営業日で1590ドル上げた後で、目先の利益を確定する目的の売りが優勢となった。ダウ平均は取引時間中に上昇に転じる場面もあったが、9月の米雇用統計の発表を7日に控えて買いを手控える市場参加者も多く、上値は限られた。

朝方発表の9月のADP雇用リポートで非農業部門の雇用者数の増加幅が市場予想を上回り、労働市場の強さが示された。米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測がひとまず後退した。米長期金利が3.7%台と前日終値(3.63%)から上昇し、株式に売りを誘った。

ダウ平均が3万ドルを下回る場面では値ごろ感があるとみられた主力株の一部に買いが入った。取引終了にかけては一時、上昇に転じた。もっとも、9月の米雇用統計を見極めたいとのムードは強く、積極的に上値を追う動きは限られた。

前日に大幅高となった景気敏感株が売られ、金融のゴールドマン・サックスや航空機のボーイングの下げが目立った。一方、原油先物相場の上昇で石油のシェブロンが上昇。スポーツ用品のナイキも高かった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数も3営業日ぶりに反落し、前日比27.768ポイント安の1万1148.638(速報値)で終えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません