/

米国株、ダウ横ばい インフレ懸念和らぐ

【NQNニューヨーク=川内資子】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は横ばい。前日比53セント安の3万4377ドル81セント(速報値)で終えた。9月の消費者物価指数(CPI)を受けて過度なインフレ懸念が後退し、ハイテク株などが買われた。ただ、個別の悪材料が出たスマートフォンのアップルや、決算発表を受けて銀行株が売られて相場の重荷となった。

朝方発表の9月のCPIはエネルギー・食品を除くコア指数が前年同月比4.0%上昇と前月と変わらず、市場予想と同水準だった。供給網の混乱などを背景にインフレ圧力が高まるとの懸念がやや薄れ、米債券市場では長期金利が低下した。

長期金利が低下すると相対的な割高感が薄れるハイテクなど高PER(株価収益率)銘柄が買われ、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトが上昇した。インフレ圧力が収益を圧迫するとの懸念から売られていたスポーツ用品のナイキも買い直された。

一方、朝方発表の2021年7~9月期決算で融資の停滞が懸念されたJPモルガン・チェースが2%強下げ、ダウ平均の重荷となった。クレジットカードのアメリカン・エキスプレスとビザも安い。12日夕に新型のスマートフォン「iPhone13」の21年の生産目標引き下げが報じられたアップルも売られた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反発し、前日比105.710ポイント高の1万4571.635(速報値)で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン