/

米国株、ダウ続伸 パウエル議長の議会証言受け買い ナスダックは最高値

【NQNニューヨーク=戸部実華】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比68ドル61セント高の3万3945ドル58セント(速報値)で終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の議会証言を受けて早期の利上げ観測がやや和らぎ、買い安心感につながった。

パウエル議長は足元のインフレ率の高まりについて「一過性の供給制約などが和らげば長期的な目標に向けて低下していく」との考えを改めて示した。「新型コロナウイルス後の回復は長い道のりだ」とも述べ、前週に強まった利上げ前倒し観測がやや後退した。

金融引き締めが景気を抑制するとの懸念が後退し、景気敏感株や商品関連株の一角が買われた。ホームセンターのホーム・デポやスポーツ用品のナイキが上昇、化学のダウも高い。米長期金利は1.4%台後半で落ち着いており、主力ハイテク株など高PER(株価収益率)銘柄にも買いが入った。ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルが買われた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は前日比111.788ポイント高い1万4253.268(速報値)と1週間ぶりに過去最高値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン