/

米国株、ダウ反発 長期金利の低下が支え ハイテク株に買い

【NQNニューヨーク=古江敦子】1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比321ドル83セント高の3万1097ドル26セント(速報値)で終えた。長期金利の低下が株式相場の支えとなった。ハイテク株の一角に買いが入ったほか、景気動向に業績が左右されにくいディフェンシブ株が上昇した。3連休となる週末を前に持ち高調整の買いも入り、ダウ平均は取引終了にかけ上げ幅を広げる展開だった。

米長期金利が一時、前日比0.22%低い(債券価格は高い)2.79%と1カ月ぶりの水準に低下した。長期金利が下がると買われやすい高PER(株価収益率)のハイテク株に買いが入り、顧客情報管理のセールスフォースとスマートフォンのアップルが上昇した。外食のマクドナルドや飲料のコカ・コーラ、日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)など配当利回りが相対的に高いディフェンシブ株の上昇も目立った。

4日の株式市場は独立記念日の祝日で休場となる。3連休前の週末とあって足元で下落が目立った景気敏感株を中心に持ち高調整の買いが入り、航空機のボーイングや映画・娯楽大手のウォルト・ディズニーが上げた。

ダウ平均は午前中に下げる場面もあった。米サプライマネジメント協会(ISM)が発表した6月の製造業景況感指数が53.0と市場予想(54.3)を下回り、約2年ぶりの水準に低下した。景気減速を示す経済指標の発表が相次ぎ、景気後退入りの懸念が強まっていることは相場の重荷なった。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反発し、前日比99.109ポイント高の1万1127.845(速報値)で終えた。ネット通販のアマゾン・ドット・コムや電気自動車のテスラなどハイテク大手の一角が上昇した。一方、前日夕に発表した6~8月期の業績見通しが市場予想を下回った半導体メモリー大手のマイクロン・テクノロジーが下落した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン