/

米国株、ダウ続伸 長期金利上昇で景気敏感株に買い

【NQNニューヨーク=川内資子】21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比286ドル01セント高の3万4798ドル00セント(速報値)で終えた。前日に2月以来の低水準まで下がった米長期金利が大きく上昇し、投資家心理が改善した。景気敏感株を中心に買いが広がった。好決算を発表した銘柄が買われたのも相場上昇を支えた。

21日の米債券市場で長期金利が一時1.30%と、20日に付けた2月以来の低水準(1.12%)から大きく上昇した。最近は長期金利低下は景気減速のサインとみなされやすいだけに、金利上昇が株買いを誘った。航空機のボーイングや化学のダウ、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど景気敏感株が上げた。利ざや縮小の懸念が和らぎゴールドマン・サックスなど金融株も買われた。

好決算銘柄への買いも相場を支えた。飲料のコカ・コーラと通信のベライゾン・コミュニケーションズが高い。21日朝に発表した2021年4~6月期決算が市場予想を上回る増収増益となり、12月期通期の収益見通しを引き上げたことも好感された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン