/

米国株、ダウ反落 世界経済の回復鈍化を警戒

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】4月30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比185ドル51セント安の3万3874ドル85セントで(速報値)で終えた。新型コロナウイルスの新興国での感染拡大や半導体不足などが世界経済の回復の重荷になるとの懸念から、景気敏感株を中心に売りが優勢となった。

インドやブラジルなどでコロナの感染者数が大きく増える状態が続いている。30日発表の中国政府の4月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月比で2カ月ぶりに低下した。半導体などの供給網の混乱が生産の遅れやコスト高を招き、世界的に製造業の収益を圧迫するとの懸念が改めて強まった。

米市場では化学のダウや工業製品・事務用品のスリーエム(3M)など景気敏感株が売られ、半導体のインテルも下げた。30日発表の2021年1~3月期決算で売上高が市場予想ほど増えなかった石油のシェブロンは原油安も重荷となり、3%超下げた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落し、前日比119.865ポイント安の1万3962.681で終えた。スマートフォンのアップルや検索サイトのアルファベットが下げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン