/

米国株、ダウ続伸 メタ急伸でハイテク株に見直し買い

【NQNニューヨーク=川内資子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比615ドル19セント高の3万3917ドル12セント(速報値)で終えた。前日夕に市場予想を上回る決算を発表した交流サイトのメタプラットフォームズが急伸し、今週下げが目立っていたハイテク株に見直し買いが広がった。好決算を発表したハイテク以外の銘柄が買われたのも相場を押し上げた。

メタは2022年1~3月期の1株利益が市場予想を上回ったのが好感され18%高で終えた。ハイテク株全般に買いが波及し、ダウ平均の構成銘柄では顧客情報管理のセールスフォースが6%上げ、スマートフォンのアップルも大幅高となった。

朝方に市場予想を上回る増収増益決算を発表した製薬のメルクが5%上昇。決算で売上高や特別項目を除く1株利益が市場予想を上回った外食のマクドナルドも買われた。中国経済の減速懸念から足元で売られていたスポーツ用品のナイキが大きく上昇した。

一方、前日夕に発表した決算が減益だったバイオ製薬のアムジェンが大幅安となった。米金融引き締めや世界経済の減速への警戒感は強くダウ平均は朝方に小安くなる場面もあったが、下値の堅さを確認すると午後かけて上げ幅を広げた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3営業日ぶりに反発し、前日比382.595ポイント高の1万2871.528で終えた。メタのほか、足元で下げがきつかったネット関連や半導体株が買い直された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン