/

米国株、ダウ反落 決算材料に特定銘柄に売り

【NQNニューヨーク=川内資子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比164ドル55セント安の3万3820ドル38セントで(速報値)で終えた。バイオ製薬のアムジェンなど前日夕以降に決算を発表した個別銘柄の一角が売られ、ダウ平均を押し下げた。ただ、米連邦準備理事会(FRB)による緩和的な金融政策が続くとの見方が支えとなり、相場は午後に下げ幅を縮める場面もあった。

前日夕に発表した2021年1~3月期決算が市場予想に反して減収となったアムジェンが7%下げ、決算が市場予想を上回る増収増益だったソフトウエアのマイクロソフトは材料出尽くしによる売りで3%安で終えた。28日発表の決算で赤字幅が市場予想以上に拡大した航空機のボーイングも3%安。この3銘柄でダウ平均を210ドルあまり押し下げた。

FRBは米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利の維持と資産購入額の据え置きを決めた。声明では景気認識を引き上げつつ、物価上昇は一時的だと指摘した。パウエルFRB議長は記者会見で資産購入の縮小について「いまは議論する時ではない」と述べた。緩和的な金融政策が米景気の力強い回復を促すとの見方から、建機のキャタピラーなど景気敏感株の一角が買われ相場を支えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続落し、前日比39.185ポイント安の1万4051.031で終えた。前日夕に21年12月期通期の増収率見通しを引き上げた半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は買い先行後に利益確定売りに押されて下げ、半導体株全般に売りが波及した。ただ、前日夕に市場予想を上回る増収増益決算を発表したグーグルの親会社アルファベットが大幅高となり、指数を支えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン