/

米国株、ダウ6日ぶり反落 中国株安が重荷

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反落し、前日比85ドル79セント安の3万5058ドル52セント(速報値)で終えた。前日まで連日で過去最高値を更新し、目先の利益を確定する売りが優勢だった。中国政府がインターネット企業への規制を強化する中、香港株と上海株が大幅安になったのも投資家心理の重荷だった。

新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染拡大で世界経済の先行き懸念が強まったことも投資家がリスクを取る姿勢を後退させた。航空機のボーイングや建機のキャタピラーが下げた。決算発表で2021年12月期通期の売上高の見通しを上方修正した工業製品・事務用品のスリーエムも材料出尽くしの売りに押された。26日夕に発表した成長戦略について、新製品投入計画に変更がなく、期待外れと受け止められた半導体のインテルも売られた。

27日夕から主力ハイテク企業の決算発表が本格化する。決算期待で事前に上昇していた銘柄が持ち高調整の売りに押された。スマートフォンのアップルとソフトウエアのマイクロソフトが下げた。ダウ平均の構成銘柄以外ではネット通販のアマゾン・ドット・コムやグーグルの親会社アルファベットも下落した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン