/

米国株、ダウ続伸 石油株と金融株に買い ナスダックは反落

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比153ドル30セント高の3万4861ドル24セント(速報値)と2月中旬以来の高値で終えた。米原油先物相場が上昇し石油のシェブロンが上げ、米長期金利の上昇を受けて金融株の一角が買われた。ただ、金利上昇を受けて高PER(株価収益率)の主力ハイテク株が相対的な割高感から売られ、ダウ平均は下げる場面もあった。

イエメンの武装組織のミサイル攻撃を受けてサウジアラビアの石油施設で大規模火災が発生したと伝わり、朝方は下げていた米原油先物相場が上げに転じた。

米長期金利が一時2.50%と2019年5月以来の高水準を付けた。25日はニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が「0.5%の利上げが適切ならばそうすべきだ」と述べた。今週はパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長らFRB高官が相次いで大幅利上げの可能性を示唆しており、金融引き締めの前倒し観測が広がった。金利上昇を受けて、JPモルガン・チェースなど金融株の一角が上昇した。

ただ、ダウ平均はここ2週間で1800ドル超上げ、目先の利益を確定する目的の売りが出やすかった。長期金利の上昇を受けて、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトなど主力ハイテク株の一角が売られ、ダウ平均は下げる場面もあった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反落し、前日比22.539ポイント安の1万4169.300で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン