/

米国株、ダウ3日続伸 ディフェンシブ株に見直し買い ナスダックは年初来安値

【NQNニューヨーク=古江敦子】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3日続伸し、前日比48ドル38セント高の3万1928ドル62セント(速報値)で終えた。業績懸念から主力ハイテク株が売られ、午前中に下げ幅は一時500ドルを超えた。ただ、前週までハイテク株や景気敏感株と同じように売られてきたディフェンシブ株には下げ過ぎとみた買いが入った。ダウ平均は午後に下げ渋り、引け間際にプラスに転じた。

SNS(交流サイト)のスナップが23日夕、マクロ経済環境の悪化を理由に2022年4~6月期の業績が会社予想を下回る見通しと発表した。インフレや景気減速でインターネット広告が打撃を受けているとの見方が広がった。スナップは4割強下げ、ネット広告に依存するSNSのメタプラットフォームズやネット検索のアルファベットを中心に主力ハイテク株が軒並み売られた。

一方、ダウ平均を支えたのはディフェンシブ株だ。業績が景気の影響を受けにくい点から見直し買いが入った。ダウ平均の構成銘柄では外食のマクドナルドが3%高、通信のベライゾン・コミュニケーションズ、日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、飲料のコカ・コーラはいずれも2%高で終えた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は大幅に反落。前日比270.827ポイント安の1万1264.448(速報値)で終え、年初来安値を更新した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン