/

米国株、ダウ反発 原油安や米雇用指標の改善を好感

【NQNニューヨーク=横内理恵】24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比349ドル44セント高の3万4707ドル94セント(速報値)で終えた。米原油先物相場の下落や米雇用指標の改善が好感された。半導体株が買われたのも相場を押し上げた。ダウ平均は前日に448ドル下落しており、短期的な戻りを期待した買いもあった。

原油先物相場が4%近く下げる場面があり、ガソリン高が米消費を抑えるとの過度の警戒感が後退した。朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数が52年ぶりの低水準となり、米経済の堅調さが意識されたのも買いを誘った。

半導体株が幅広く買われ、主要半導体株で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)は5%上昇した。ダウ平均の構成銘柄ではインテルが7%高で終えた。構成銘柄以外では、投資家向け説明会の内容が好感されたエヌビディアが10%高と急伸した。

スマートフォンのアップルも高い。スマホ「iPhone」などをリースするサブスクリプション(継続課金)型サービスを検討していると報じられた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は269.235ポイント高の1万4191.839で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン