/

米国株、ダウ続伸し初の3万4000ドル台 小売売上高を好感 ナスダックは2カ月ぶり1万4000台

【NQNニューヨーク=川内資子】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比305ドル10セント高の3万4035ドル99セント(速報値)と初めて3万4000ドル台に乗せた。朝方発表の3月の小売売上高が市場予想を上回って増加し、米景気の回復期待が高まった。米長期金利の低下を受け、高PER(株価収益率)のハイテク株が買われたのも相場を押し上げた。

3月の小売売上高は前月比9.8%増と市場予想(6.1%増)を上回った。米政府の現金給付や新型コロナウイルスワクチンの普及を背景に、自動車・同部品やガソリンなど幅広い項目が増加した。週間の新規失業保険申請件数は前週から大幅に減り、昨年3月以来の低水準となった。米景気が力強く回復するとの期待が強まり、株買いを誘った。

強い景気指標にもかかわらず、15日の米債券市場で長期金利が一時1.52%とほぼ1カ月ぶりの水準に低下した。長期金利が低下すると買われやすいハイテク株が上げ、スマートフォンのアップルやソフトウエアのマイクロソフトが高い。2021年1~3月期決算が市場予想以上の増収増益となった医療保険のユナイテッドヘルス・グループが4%上げ、ダウ平均を押し上げた。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、前日比180.923ポイント高の1万4038.763(速報値)で終えた。1万4000台を回復するのは2カ月ぶり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン