/

米国株、ダウ反発 米長期金利低下でハイテク株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比104ドル42セント高の3万4681ドル79セント(速報値)で終えた。米長期金利の指標である10年債利回りが4カ月半ぶりに1.3%を下回る場面があり、長期金利の低下局面で買われやすい主要ハイテク株の上昇が目立った。

午後に公表された6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、テーパリング(量的緩和の縮小)にあたって「複数の参加者が忍耐強くあるべき」と強調していたことが分かった。米連邦準備理事会(FRB)が緩和縮小を慎重に進める姿勢を裏付けたとの見方が買い安心感につながり、主要株価指数は午後に上げ幅を広げた。

長期金利が低下すると相対的な割高感が薄れる高PER(株価収益率)銘柄が買われた。スマートフォンのアップルが7日続伸、ソフトウエアのマイクロソフトは上場来高値を更新した。住宅ローン金利低下を好感して住宅株が買われ、ホームセンターのホーム・デポにも買いが波及した。工業製品・事務用品のスリーエムなど前日に下げが目立った景気敏感株の一角にも押し目買いが入った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸し、前日比1.423ポイント高の1万4665.063(速報値)と過去最高値を連日で更新した。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は反発し、2日ぶりに過去最高値を付けた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン