/

米国株、ダウ300ドル強下落 雇用指標が予想下回り景気敏感株に売り ナスダックは続伸

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前日比323ドル73セント安の3万4792ドル67セント(速報値)で終えた。朝方発表された民間の米雇用指標が市場予想を大幅に下回り、雇用回復の遅れが警戒された。米長期金利の低下も投資家に景気減速を意識させ、景気敏感株が売られた。

米雇用サービス会社ADPが発表した7月の全米雇用リポートで非農業部門雇用者数(政府部門除く)が前月比33万人増と、市場予想(65万3000人増)を大幅に下回った。米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和が長期化するとの見方につながり、米長期金利は一時前日比0.05%低い1.12%と2週間ぶりの水準に低下した。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の感染が米国でも拡大しており、長期金利低下は米景気の懸念を映しているとの見方がある。

景気敏感株が売られ、化学のダウ、建機のキャタピラー、工業製品・事務用品のスリーエムが2%下げた。原油安で石油のシェブロンの下げも目立った。3日夕発表の四半期決算で通期見通しを据え置いたバイオ製薬のアムジェンが大幅安となり、ダウ平均を押し下げた。

一方、長期金利の低下で割高感が薄れる高PER(株価収益率)のハイテク株の一角には買いが入った。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続伸し、前日比19.238ポイント高の1万4780.533(速報値)で終えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン