/

米国株、ダウ反落で始まる 長期金利上昇を警戒

【NQNニューヨーク=横内理恵】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落して始まった。午前9時35分現在、前週末比161ドル40セント安の3万1332ドル92セントで推移している。米長期金利の上昇が止まらず、PER(株価収益率)が高く、金利上昇時に相対的に割高感が意識されやすいハイテク株への売りが優勢になっている。

米長期金利の指標である10年債利回りは一時1.39%と約1年ぶりの水準を付け、今月に入っての上昇幅は0.33%に達した。これを受け、ソフトウエアのマイクロソフトや顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコム、スマートフォンのアップルなどハイテク株への売りが目立つ。ヘルスケアや飲料、日用品など配当狙いで買う投資家が多いディフェンシブ株も安い。

航空機ボーイングの下げもダウ平均の重荷となっている。20日にユナイテッド航空が運航するボーイング機「777」のエンジン部品が住宅地に落下する事故が発生した。ボーイングは同機種の運航休止を推奨し、業績への影響が警戒された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン