/

米国株、ダウ反落で始まる オミクロン型へのワクチンと治療薬の効果に懸念

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落して始まり、午前9時50分現在は前日比383ドル52セント安の3万4752ドル42セントで推移している。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」に対して既存のワクチンや治療薬の効果が薄いとの報道や発表が相次いだ。感染対策への不透明感から投資家がリスク回避姿勢を強め、消費関連や景気敏感株を中心に売られている。

バイオ製薬モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューでオミクロン型に対する既存のワクチンの有効性は「かなり低い」との見方を示した。同業のリジェネロン・ファーマシューティカルズは30日、同社の抗体カクテル療法の有効性はオミクロン型では低下しそうだとの見解を示した。オミクロン型の感染例が各国で見つかる中、世界景気の回復が遅れかねないとの見方が強まった。

景気敏感株ではクレジットカードのアメリカン・エキスプレスや化学のダウ、航空機のボーイングなどへの売りが目立つ。相対的に安全資産とされる米国債は買われ、米長期金利は早朝に前日比0.09%低い1.41%と11月上旬以来の低水準を付ける場面があった。利ざや悪化懸念から金融のJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスも安い。米原油先物は一時前日比4.9%安の1バレル66.51ドルと、期近物として8月下旬以来の安値を付けた。原油安を受け、石油のシェブロンも売られている。

ダウ平均の構成銘柄以外では空運のユナイテッド航空ホールディングスやクルーズ船のカーニバルなど旅行・レジャー関連株が安い。一方、コロナ禍で利用が拡大した動画配信のネットフリックスやフィットネス機器のペロトン・インタラクティブなどは買いが先行した。

投資家心理を測る指標となる米株の変動性指数(VIX)は早朝に前日比2割ほど高い27台まで上昇する場面があった。その後も25台で推移しており、不安心理が高まった状態とされる20を上回っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン