/

米国株、ダウ続落で始まる シスコシステムズ大幅安

(更新)

【NQNニューヨーク=古江敦子】18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落して始まった。午前10時10分現在は前日比200ドル84セント安の3万5730ドル21セントで推移している。前日夕に発表した決算が嫌気された通信機器のシスコシステムズが急落し、ダウ平均を下押ししている。一方、半導体株の一角が買われている。

シスコシステムズは一時9%下落した。2021年8~10月期決算で売上高と次期見通しがともに市場予想を下回り、失望売りが出た。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムと娯楽・映画のウォルト・ディズニーの下げも目立つ。

一方、ダウ平均の構成銘柄ではないが半導体のエヌビディアが急騰している。一時は12%上昇し、上場来高値を更新した。前日夕に発表した決算で売上高と1株利益が市場予想を上回り、好感した買いが集まった。同業のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)にも買いが波及している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン