/

米国株、ダウ反発で始まる 景気敏感株に買い

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】10日の米ダウ工業株30種平均は反発して始まり、午前9時40分現在は前日比40ドル06セント高の3万5141ドル91セントで推移している。前日に売られた景気敏感株の一角が買い直され、相場を支えている。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が強く、積極的な買いが見送られ、相場の上値は重い。

7月の消費者物価指数(CPI)など、今週は物価指標の発表が続く。米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)の時期を占ううえで、物価指標を見極めたい市場参加者も多い。

前日に下げが比較的大きかった原油先物相場が反発し、石油のシェブロンが買われている。そのほかの景気敏感株では化学のダウや航空機のボーイング、金融のゴールドマン・サックスも高い。一方、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスとビザは売りが先行した。

ダウ平均の構成銘柄以外では、前日夕に発表した2021年4~6月期決算が市場予想を上回る増収となった映画館運営のAMCエンターテインメント・ホールディングスが大きく上昇。カナダの鉄道大手が買収価格を引き上げた同業のカンザスシティー・サザンが急伸している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン