2019年1月24日(木)

九電、離島の再生エネ買い取りを受け付け1年停止

2014/7/26付
保存
共有
印刷
その他

九州電力は25日、離島での再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく受け付けを、1年間程度停止すると発表した。九州本土と送電線で結ばれていない離島での申し込みが増え、島内の電力供給が不安定になる可能性が高まったため。今後九電は島の出力状況や電力需要のデータを分析し、再エネを利用できる方策を検討する。

26日から受け付けを停止するのは長崎県の壱岐、対馬と鹿児島県の種子島、徳之島、沖永良部島、与論島の計6島。他の離島でも接続契約の申し込みが一定水準を超えた場合には受け付けない。

九州本土に比べて離島は電力の容量が小さい。再エネの発電が増えることで、周波数などの変動で送配電に影響する恐れがある。国の補助事業の一環として、蓄電池を設置し、周波数の変動を制御する実証実験が進められているが、申し込みが殺到していた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報