/

この記事は会員限定です

理研の神戸拠点「解体せず再編」 川合理事が見解

[有料会員限定]

STAP細胞の研究不正問題で、理化学研究所の川合真紀理事が24日、日本経済新聞社のインタビューに応じた。外部有識者による改革委員会は6月、STAP研究の舞台になった発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)の解体を提言したが、川合理事は「改組で対応したい」と述べ、解体せずに人事や組織の再編にとどめ、再生医療研究も継続していく考えを示した。

改革委は小保方晴子氏が所属するCDBについて「構造的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン