/

この記事は会員限定です

光秀謀反の理由、「四国説」補強する一級史料

[有料会員限定]

「本能寺の変」の真相に迫る手紙が見つかった。織田信長の四国攻めを止めるために、明智光秀が決起したとする「四国説」を補強する"超一級の史料"だ。

「阿波(現在の徳島県)の一部からはご意向に従って撤退したことを信長殿に伝えてほしい。ただ、土佐(現在の高知県)の入り口にあたる海部と大西の城は手放せない。長年、粉骨して尽くしてきたのに納得いかないが、信長殿の甲州(現在の山梨県)平定後には、その指示に従いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン