/

慶大、子宮の一部再生に成功 不妊治療に応用へ

慶応義塾大学の丸山哲夫専任講師や宮崎薫助教らは、ラットを使った実験で子宮の一部を再生することに成功した。別のラットの子宮から細胞を取り除いて残したコラーゲン繊維などを足場にし、移植して効果を確かめた。子宮欠損などで不妊になった患者への応用を目指す。

ラットから子宮を取り出し、細胞だけを除く「脱細胞化」を薬剤を使って実施すると、繊維と微小な血管の構造が残った。子宮の3分の1に相当する部分を失った別のラットに、この足場を移植した。約1カ月後、足場は新たな子宮の細胞で覆われて欠損した部分の再生が進んだ。

拒絶反応は起きずに周囲の組織となじんでいた。子宮を再生したラットは妊娠と出産が問題なくできた。体の外で子宮の細胞と骨髄から得られた間葉系幹細胞を混ぜて、足場に注入して培養しても、子宮が再生した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン