/

この記事は会員限定です

「決めすぎる」安倍官邸 ねじれ解消1年の危うさ

[有料会員限定]

第2次安倍政権の重要政策課題が本格的な実行段階に入る。昨年参院選の与党圧勝で衆参両院で多数派が異なるねじれ国会が解消されてから21日で丸1年。「決める政治」が進んでいるが、首相官邸主導の政策決定には与党内の不満がくすぶる。原発再稼働や消費税率の再引き上げなどの懸案を控える安倍政権に死角はないのか――。

「今の法律の枠組みでもっと対応できないのか」。今月中旬、菅義偉官房長官が声を荒らげた。矛先は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン