/

この記事は会員限定です

国産豚肉、卸値1割下落 夏休み迎え給食調達減少

[有料会員限定]

国産豚肉が下落している。18日の東京食肉市場では指標となる枝肉の上物平均が1キロ581円。学校の給食向けが減る夏休みを迎え、600円台前半で推移していた7月上旬までに比べ1割ほど下がった。

昨年夏の猛暑で種付けが不調だったことや、春以降に広がった豚流行性下痢(PED)の影響で出荷頭数が少ない状況が続く。6月の東京の平均卸値は前年同月比3割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン