ナムコ、アニメ飲食店を多店舗化 秋葉原に9月新店

2014/7/18付
保存
共有
印刷
その他

ナムコはアニメ連動型飲食店「キャラクロ」の多店舗展開を始める。第1弾として9月11日に東京・秋葉原で新店を開き、アニメファンの多い都内を中心に店舗を拡大する。ゲームセンターやテーマパークと並ぶ事業の柱に育てていく。

秋葉原の新店はJR秋葉原駅の北西、神田明神下交差点近くのビル1階にでき、客席は49。アニメの主人公らにちなんだ内装とメニュー、サービスを提供し、作品の世界に没入できる。半年単位で作品を入れ替えるが、オープニングは池袋と同様に女性向けアニメ「タイガー&バニー」を採用する。

インターネットで事前予約を受け付け、100分ずつ1日5交代制。客単価は3千~4千円を見込む。集客目標は明らかにしていないが、年5万人以上とみられる。年内にも新店と同じビルの地下1階に3店舗目を計画。秋葉原を足がかりに首都圏で店舗拡大に踏み出す。

池袋の1号店は2013年10月に開店した。予約希望が殺到し、7月中旬までの抽選倍率が平均10倍に及んだ。27日から連動するアニメ作品を「マクロスF」に入れ替える。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]