/

検査結果出るまで販売停止 脱法ドラッグ対策で厚労省

厚生労働省は18日、指定薬物の疑いがある脱法ドラッグが店頭で販売されている場合、成分検査のため店舗に提出を求め、結果が出るまで販売停止を命じる方針を決めた。指定前に規制することが可能になるとしている。

こうした措置は薬事法の規定で可能だが、実際に適用した例はなかった。田村憲久厚労相は18日の閣議後の記者会見で、「(インターネットより)店頭で売られているものが買いやすいのは間違いない。まずは店頭で売っているものを徹底的に根絶する」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン