2019年1月24日(木)

日英でミサイル技術を共同研究 政府、NSCで決定へ

2014/7/17付
保存
共有
印刷
その他

政府は16日、航空自衛隊の次期主力戦闘機「F35」用の空対空ミサイル(AAM)技術を英国と共同研究する方針を固めた。17日に国家安全保障会議(NSC)の閣僚会合を開き、地対空の迎撃ミサイル部品の対米輸出とあわせて決定する。4月に決めた防衛装備移転三原則のもと、外国へ武器や関連技術を移転するのは初めてとなる。

日英両政府は射程が長く、目標物を正確に捕捉できるAAM「ミーティア」を念頭に共同研究を進める。三菱電機と英防衛大手MBDAが参加する見通し。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報