/

「今治タオル」中国で商標出願 製造業組合

今治タオルのメーカーで構成する四国タオル工業組合(愛媛県今治市)は15日、中国で「今治タオル」の商標登録を出願したと発表した。出願は14日付。世界知的所有権機関の国際事務局を通じて行った。出願分野はタオルや織物など「第24類」で、登録が認められれば中国でのPRや販売活動がやりやすくなる。

同工業組合は「今治」の2文字を中国企業が商標登録申請したことに対し、今治市と共に中国商標評審委員会に再審請求を行い、今年4月、登録を認めない裁定が出た。「今治」は公衆が認知する日本の都市の地名だというのが主な理由だ。

今回の出願はこの裁定を踏まえたもので、中国での今治タオルの展開を見据えて商標を保護する狙い。今治タオルはブランド力の高まりから国内需要が拡大。同工業組合は今年度、海外でのブランド戦略も本格化させる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン