/

この記事は会員限定です

三菱電機、戦闘機用レーダー輸出へ 防衛装備三原則受け

[有料会員限定]

【ロンドン=上阪欣史】三菱電機は戦闘機に使う高性能レーダー装置の輸出に乗り出す。特殊な半導体を使い従来より対象物の探知能力を高めたのが特長。4月に政府が武器や関連技術の輸出を原則認める防衛装備移転三原則を決めたことを受け、欧米軍需大手の採用を狙う。電子機器などで日本の高度な技術を軍需向けに転用する動きが広がりそうだ。

14日から開かれる航空展示会「ファンボロー国際航空ショー」に出展する。今後、防...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン