2018年7月19日(木)

バイオ航空燃料、実用化へ ボーイング・日航など新組織

2014/7/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米ボーイングや東京大学、日本航空、全日本空輸などは航空機バイオ燃料の実用化に向け、新たな組織を立ち上げた。原料となる家庭ごみや藻類、非食用植物の調達ルートや精製プラント、燃料のサプライチェーン(供給網)について原料ごとに事業モデルを策定する。低コストで量産できる最適な原料と設備を探り、2020年の実用化を目指す。

 「次世代航空機燃料イニシアティブ」(INAF)をこのほど設立した。ほかに参加するの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報