/

米アップル、中国の知財紛争で敗訴

■米アップル 音声認識技術を巡る中国企業との知的財産権紛争で、北京市の中級人民法院に異議申し立てを退けられた。中国企業の主張とそれを認めた中国国家知識産権局の決定は無効だと申し立てていた。上訴する方針だ。

問題となったアップルの技術は音声ガイド機能「Siri」で、主力スマートフォン「iPhone4s」以降に標準装備している。中国メディアによると、アップルは今後、中国でSiriが使えなくなる恐れもあるという。アップルは2010~12年にも多機能携帯端末「iPad」の商標権を巡る知財紛争に巻き込まれている。(北京=阿部哲也)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン