/

この記事は会員限定です

壱番屋、レトルトカレーを自社生産 栃木工場に設備

[有料会員限定]

「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋は、店頭などで販売する持ち帰り用レトルトカレーの大半を自社生産に切り替える。カレーソースを製造する栃木工場(栃木県矢板市)に6億円を投じ、レトルト商品用の調理釜や包装設備などを導入した。内製化でコストを削減し、企業や自治体からの受託生産にも乗り出す。

レトルト商品はこれまで大株主のハウス食品グループに製造を委託していた。栃木工場の生産設備は試験運用を始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン