東南アジア、経済急成長で電力不足深刻

2014/7/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジアでは電力不足が深刻だ。経済の急成長に供給能力の整備が追いつかないからだ。企業活動の生命線でもある電力を各国とも近隣国から購入してしのいでいる。

企業進出が相次ぐカンボジア。国内需要の半分程度しか自国で賄えず、ベトナムやタイなどから輸入する。計画停電も続く。2月に初めての石炭火力発電所を稼働させたが不十分だ。ミャンマーも停電が日常茶飯事。少ない水力発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]