/

この記事は会員限定です

ラオス、東南アの「電源」に 外資主導で発電所

[有料会員限定]

人口660万人の東南アジアの小国ラオスが電力輸出で国づくりを進めている。山河に恵まれる地形を生かし、外資主導で水力発電所を建設。電力不足の周辺国に供給する送電網も整えている。中国企業が次々に発電所運営に乗り出す中、関西電力が日本企業で初めて進出する。「東南アジアの電源役」を担おうと投資合戦が熱を帯びる。

タイ国境に近いラオス北部の山奥に全長30キロメートルの舗装道路を敷設する工事が進む。雨期でも往...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン