/

この記事は会員限定です

躍進フィリピンで企業走る ユニクロ、ローソン…

[有料会員限定]

長い低迷を脱して経済成長を加速しているフィリピンで企業の動きが活発だ。旺盛な消費を狙いファーストリテイリングが「ユニクロ」を相次ぎ開店するなど外国企業の投資意欲は強い。一方で国内の稼ぎを生かして世界展開を進めるフィリピン企業も増えている。政治混乱で経済が停滞した時代は終わりを告げ、企業が主導する成長の好循環が始まった。

内需旺盛:店舗3倍

マニラ首都圏の大型商業施設「モール・オブ・アジア」内にあるユニクロ1号店。売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン