/

女性支援の国連機関事務所 文京区に来年度設置

東京都文京区は30日、女性の活躍を推進する国連機関「UN Women」の日本事務所が区内に開設されると発表した。女性の地位向上や人権問題を扱う。事務所は2015年度に設置予定で、区内の大学との連携や小中学校での国際理解教育などで協力していく。

「UN Women」(ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)は安倍晋三首相が昨年9月の国連総会での演説で同機関の国内設置に触れた。外務省を通じて文京区に設置の打診があり、今年3月に事務局長が来日した際、協力を依頼されたという。

活動は日本全体を対象とするが、地元の協力は不可欠。区は区役所や大型ホールがある文京シビックセンター内に事務所を無償提供する予定で、同事務所が日本やアジアの女性支援活動の拠点となるよう後押しする。文京区は全国初の妊産婦・乳児救護所の設置に取り組むなど女性支援に先進的な自治体として知られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン