速報 > 地域ニュース > 東京 > 記事

都、福島など4カ所で太陽光発電 官民ファンド通じ投資

2014/6/30付
共有
保存
印刷
その他

 東京都は30日、福島県など全国4カ所の太陽光発電事業への投資を発表した。民間と連携して設立したファンドを介して資金を拠出。再生可能エネルギーの普及拡大を後押しする。

 宮城県栗原市、福島市、千葉県市原市、富山市にそれぞれメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設。いずれも2015~16年に運転を始める予定だ。事業費は総額100億円弱。都とスパークス・グループ系の投資運用会社が共同で立ちあげたファンドが4件合計で約19億円を投じる。このうち都の負担は3億円あまり。残りはファンドが別途出資者や融資者を募る。

 出力は計約3万キロワット。発電事業に投資する都の官民連携ファンドでは、これまでに公表分だけで太陽光発電やガス火力発電所など10カ所の発電所に出資している。それらを合計すると出力は約30万キロワットと、小規模な火力発電所1基分に達する。

 都は電力の大消費地として再生エネの普及拡大を目指している。ファンドはその取り組みの一環で、広く民間の資金を呼び込む狙いがある。補助金と違い、売電収入が配当金などの形で都に還元されることを想定している。

 主に東北地方で風力など再生エネ事業に特化する新ファンドを設立する準備も進めており、今秋に事業者を決める予定だ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

太陽光発電ファンドスパークス・グループ投資

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 18:54
16:26
信越 1:00
1:00
東海 22:00
21:45
北陸 19:26
18:47
関西 20:30
18:47
中国 10:50
10:30
四国 20:16
2:00
九州
沖縄
21:30
21:19

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報