/

この記事は会員限定です

施設再編阻む「もんだ族」 意識改革、行政内部から

[有料会員限定]

財政難や老朽化を背景に、公共インフラの再編を迫られている首都圏の自治体。少子高齢化への対応など、時代のニーズに合わせて施設を大胆に見直す必要があるが、統廃合や転用は進まない。第3部では公共インフラの見直しの前に立ちはだかる様々な「見えない壁」について考える。

「ひっきりなしですね」。神奈川県秦野市にある秦野緑郵便局。雨模様の中、次々と窓口に訪れる市民を眺めながら、市公共施設再配置推進課の志村高史課...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1489文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン