2019年7月17日(水)

アマゾンにないモノ売る 中小ネットの独自性 (村山らむね)

(1/2ページ)
2014/6/27 7:00
保存
共有
印刷
その他

スマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能情報端末)の普及により、通勤途中やテレビを見ながらでもネットショッピングができる環境になった。まるで魔法使いと一緒にいるかのような感覚だ。そんな「現代の魔法使い」を目指してネットショップを開く企業や個人は急増している。

織りと品質にこだわったTシャツをオリジナルブランドで売るイージーのサイト

織りと品質にこだわったTシャツをオリジナルブランドで売るイージーのサイト

だが、米アマゾン・ドット・コムや楽天などのように圧倒的な品ぞろえと瞬時に価格を表示し、配送も素早く手元に届くビジネスモデルは、中小や個人のネットショップはなかなか築けない。

そこで最近では「アマゾンにないものを売る」「うちでしか買えないものを売る」ことを強く意識するネットショップが増えている。仕入れ商売がほとんどだった店が、オリジナル商品を企画・開発して製造し、売り出す例が目立ってきた。

ネットショップの黎明(れいめい)期から米国製Tシャツを扱うイージー(京都市、岸本栄司社長、http://www.easy.ne.jp/)。2年前から織りにこだわった国産オリジナルTシャツを「nuts(ナッツ)」ブランドで販売している。前身ごろが横織り、後ろ身ごろは縦織りで構成され、生地や縫製、色染めなど、岸本社長のこだわりを全て実現できる国内工場が見つかり、自らの企画商品として売り出した。

エヴリワンズの皆川社長(左)は生産工場を探しに世界中を奔走(昨年10月、豪ビクトリア州知事と)

エヴリワンズの皆川社長(左)は生産工場を探しに世界中を奔走(昨年10月、豪ビクトリア州知事と)

工場探しは国内にとどまらない。エヴリワンズ(東京・渋谷、皆川次人社長、http://www.finepets.jp/)は創業から約20年にわたりカナダのペットフード大手TLCの商品を扱っていた。だが昨年10月からはTLCの製法を進化させ、安全性を一段と高めた「FINEPET'S(ファインペッツ)ペットフード」を開発、オーストラリアの工場に製造してもらい販売に乗り出した。

ペットフードは人間用の食品に比べ原材料の表示などのルールも緩やかだ。しかし、ペットを家族同様と考える愛好家は人間と同じかそれ以上にペットフードの品質と安全性を気遣い、高い金額を支払う傾向がある。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。