/

規制委、放射線量低減へ計画認可 福島第1原発

原子力規制委員会は25日、東京電力福島第1原子力発電所の放射線量の低減に向けた計画を認可した。2016年3月末までに敷地境界で年間1ミリシーベルト未満を達成することを目標としている。現状は大幅に上回っており、東電は敷地内でくみ上げた地下水の管理や放射線量の評価の充実を通じ改善に取り組む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン