/

この記事は会員限定です

NPOに信用保証解禁へ 中小企業庁、福祉・雇用の受け皿に

[有料会員限定]

中小企業庁は2015年度にも、NPO法人に信用保証制度を解禁する方針だ。信用保証協会が公的な債務保証を付けることで、金融機関がNPO法人への融資に応じやすくする。公益性が高く一定の事業力が見込めるNPO法人の資金繰りを支え、社会福祉や地域雇用の受け皿として育成する。

26日に開く研究会で中企庁が方針を示す。今秋に向けて具体的な制度設計を詰め、中小企業信用保険法を改正する見通しだ。

融資が焦げ付いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン