2019年6月20日(木)

洋服の青山、クールなスマホ集客 商圏を狙い撃ち

(1/2ページ)
2014/6/26 7:00
保存
共有
印刷
その他

紳士服専門店の最大手、青山商事がスマートフォン(スマホ)を使った集客に磨きをかけている。4月にスマホ向けアプリを立ち上げ、利用者が店舗の近くを訪れるとセールの案内などを配信する販促策を始めた。ネットを活用して実店舗に送客するO2O(オンライン・トゥ・オフライン)の手法だが、同社の場合はひと味違う。情報の配信エリアを自在に変更でき、例えば線路を挟んで駅の逆側にいる利用者には案内しないなどきめ細かな設定ができる。

■配信エリアを円形でなく四角形で指定

東京・渋谷の「洋服の青山 渋谷駅前総本店」

東京・渋谷の「洋服の青山 渋谷駅前総本店」

「4日間限定のクーポンで清涼アイテムをゲット!」――。紳士服専門店「洋服の青山」に近づくと、スマホにメッセージが送られてくる。クリックすると、詳細なセール情報や割引クーポン、店舗の地図などを確認できる。利用料は無料だ。

「洋服の青山」は全国に約780店舗。アプリ開発にあたって採用したのは、「ジオフェンシング」と呼ばれる仕組みだ。まずデジタルの地図上で店舗の周辺など情報を配信したいエリアを指定。そこにアプリをダウンロードしたスマホを持つユーザーが近づくと、自動でメッセージを配信する。全地球測位システム(GPS)を活用している。

同様の取り組みはNTTドコモと東急百貨店などが連携して東京・渋谷で実施する事例などがある。これに対し、青山商事のアプリの最大の特徴は情報を配信するエリアを柔軟に設定できるようにした点にある。通常のジオフェンシングは、店舗など指定した場所から円形にしかエリアを設定できない場合が大半だ。同社のシステムは四角形など様々な形に設定できる。

なぜ円形でなく四角形か。それは店舗によって商圏が異なる点に着目した結果だ。店舗の近くに大きな通りがあれば、実際の商圏はそこで分断されるケースがある。大規模ショッピングセンターなどに構える店舗は、フロア内に絞って案内した方が効率がいい。

駅の南側に店舗がある場合、想定される顧客は駅の南口を利用する人たちだ。線路を隔てた北口周辺を歩いている人に情報を配信しても、集客効果を期待できるどころか、うっとうしいと思われかねない。長方形や複雑な多角形など、店舗の立地によって情報を配信するエリアが変えられる効果は大きい。

青山商事のアプリで情報を配信するエリアを四角形にする場合、管理サーバー側で事前にデジタル地図上の4点を指定し、各点の緯度と経度を登録する。一方でアプリをダウンロードした利用者のスマホの位置情報の取得機能を使い、スマホがある場所の緯度と経度を収集。事前に登録してある4点で囲ったエリアに該当するかを判定し、情報を配信する仕組みだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報