冷蔵食品、賞味期限30日以上 食品大手、シニア開拓

2014/6/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品大手が賞味期限を30~50日近くに延ばしたチルド(冷蔵)食品の開発に力を入れる。マルハニチロは仏大手と提携して2015年春から本格販売。フジッコは今秋から増産し売上高を約3倍に引き上げる。コンビニエンスストアがプライベートブランド(PB=自主企画)で得意としてきた分野だが、働く女性やシニアの需要が拡大。食品メーカーの技術力と販路を生かし巻き返す。

マルハニチロは仏食品大手のフローリ・ミション…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]