加工用食用油、4~6月4.8%下げ決着 増産で需給緩む

2014/6/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マーガリンやマヨネーズなど加工食品向け食用油の4~6月期価格は、前四半期比4.8%安で決まった。値下げ決着は3四半期連続。製油会社が食品会社に販売する価格は、菜種油と大豆油が1キロ10円程度下がり200.5円が中心になった。前年同期比で13~14%安い。

食用油の製造時にとれる脱脂大豆(大豆ミール)や菜種ミールの飼料用需要が堅調で、搾油量が増えて食用油の需給が緩んだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]