/

中国銀、診療・介護報酬債権買い取り

中国銀行は23日、診療・介護報酬債権を買い取るサービスを始めたと発表した。医療法人や介護事業者は借り入れ余力を保ちながら、迅速に資金調達できるメリットがある。中国銀としては融資以外にも多様な資金供給手法を提供することで、成長業種である医療・介護分野への取り組みを強化する。

顧客が保有する診療報酬や介護報酬の債権について、国民健康保険・社会保険への報酬請求額の80%を上限に買い取る。「医療・介護分野の資金調達ニーズに幅広く対応していく」(金融営業部)狙い。

中国銀は2016年度までの中期経営計画で医療・介護関連を成長分野に位置付け、3年間で240億円の融資実行を目指している。同分野の融資商品やセミナーなども積極展開する考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン